• 錦糸町のデリヘル店のサイトはどことなく古臭い

錦糸町のデリヘル店のサイトはどことなく古臭い

錦糸町のデリヘル店のサイトはどことなく古臭い

風俗業界で今ではなくてはならないものとなっているのはホームページです。特に店舗を持たないデリヘル店では切っても切り離せないものでしょう。風営法が改定されて以降、デリヘルを含む風俗店に関する取締等が厳しくなり今まで掲載出来ていた所にデリヘル風俗店の広告を掲載できなくなったりと運営に関わる大きな衝撃を受けました。風営法が改定される前でも原則として公の場にアダルト関連なチラシや広告掲載はしないように喚起されておりましたが、その部分ではまだ緩くルールを守らない風俗店も多く、90年代初頭ではテレフォンボックスなどにピンクチラシと呼ばれる風俗業界の広告がびっしりと貼られていたのです。ピンクチラシを見て電話していた人は今まで見たことはありませんでしたが、かつてそう言った違法ではなかったものの原則に則っていない方法でもデリヘルやファッションヘルス店で集客は出来たいたのかもしれません。現在ではピンクチラシ等のものは一切見なくなり、かなり清浄化されたように見受けられます。風俗店も自店の存在を利用客に知って貰うために現在では完全にウェブに依存しており、オフィシャルホームページを作成したり風俗広告媒体サイトに自店の情報を掲載する等の各店舗て努力が見られます。風営法が改定されてからというもののホームページ作成技術が一気に成長したように感じます。風俗業界のおかげというわけでは無いと思いますが、90年代後半になってくるとウェブ検索が出来る携帯電話の普及率が高まった事により、パソコンを使用しなくても手元の携帯電話で情報収取出来る時代になってきたのです。そこから現在までウェブ業界の技術が飛躍手に伸びて現在では目を惹くデザインのホームページが多く、ウェブ上で表現できる機能も増えホームページにも新旧のデザインがはっきりと出てきました。都内の風俗店が持つホームページは比較的新しい物が多く、綺麗な印象を受けますが錦糸町のホームページだけは何故か古いサイトを使用しているところが多く、どこか見ていても新しいホームページに比べて見劣りしています。そういった理由として考えられるのは錦糸町のデリヘル店は運営歴が長い店舗が多く、当初から使用しているサイトをそのまま使っているように見受けられます。特に新しい機能も無く、最低限の女の子一覧、出勤一覧、料金システムのコンテンツはあるものの、その他のコンテンツはあったりなかったりします。錦糸町のデリヘルはそういった文化があるのかもしれません。錦糸町に関してはホームページにそこまで力を入れずに広告媒体に力を入れているように見受けられます。錦糸町のエリアでしか成り立たない事もあるんだな、と考えさせられました。